サイトメニュー

天井結果 フリーズ結果

人気スロット機種

人気パチスロ動画

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

クレマンゴトをあぶり出す
従来、クレマンゴトを発見するにはいくつかの方法があると云われてきました。

その被害が確認されるようになった当初のクレマンゴトは「クレジット満タン」が目的でした。
ゴト器具をメダル投入口から差し込んで操作すると、あっという間にクレジットが50枚上がります。

「クレジットを満タンにする→精算ボタンPUSH 」 これを繰り返せば数百枚のメダルも簡単に手に入るわけです。
つまりこのケースでは、まとめて50枚の払い出しが数回繰り返されますから、ここを監視することでゴト被害を知ることができます。
これが「ホッパー払い出しセンサー」です。
通常ゲームで払い出される上限枚数は15枚で、一気に50枚払い出されるのは精算時です、しかも一回だけ。数回続くことは異常です。
こういうセンサーの中には、実際の払い出し枚数をカウントせずに、ホッパーの回転時間だけを監視するタイプもあります。最近の筐体にはこの機能を備えた機種も少なくありません。

すくなくとも、クレジット満タンを目的としないクレマンゴトでは、異常な払い出しを監視する方法では発見が困難です。

クレマンゴト被害に遭うと「誤差メダル」が発生します。

異常を報せる誤差メダルの弱点は、リアルタイムに知ることができない点です。
また、ゲームの元手程度を出すだけのクレマンゴトでは、誤差メダルもごくわずかしか発生しない場合も考えられます。
3枚ずつ不正にクレジットを上げてゲームを繰り返すうちに、比較的短時間に大当たりを獲得すれば、そこから先は誤差メダルも出ませんが、売上ゼロでの実被害は拡大していくことになります。
目立つ誤差メダルを注視しているだけでは、クレマンゴトは発見できません。

「ホッパー異常払い出しセンサー」と「誤差玉管理」で発見可能なクレマンゴトは、既に旧式なゴト手口になったことを知らなければなりません。

http://blog.livedoor.jp/t__plan/archives/
4571971.html


動画開始から3秒くらいからゴトが開始されるんですが、動画を見てゴトが開始されるまでにゴトやってるってわかった人いますか?
自分は正直全くわかりませんでした・・・。ホールの店員さんもやる事がいろいろあるでしょうしゴトの機械を差し込むところを目撃しない限りなかなか発見できないんじゃないでしょうかね。ゴトをやる側もそこまでバカではないでしょうから
事務所にいる役職の人もあからさまにメダルを増やさない限りリアルタイムではわからないみたいですし、クレマンゴトの発見はなかなか難しそうですね。
自分が行くホールにもコインを流す時、常にインカムでやりとりしてからじゃないとメダルを流してくれない店があるのですがゴト防止の為だったのかなって思いました。

ランキングに挑戦中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

名前:        ※HTMLタグは使用不可

1 : 名無しスロッターさん 2013年9月7日 22時6分51秒

こんな一瞬で満タンになんのかよww

2 : 名無しスロッターさん 2013年12月31日 0時7分50秒

どこで手に入るんですかこれは

最新スロット関連ニュース

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 新規追加パチスロ機種

    人気パチスロ記事