サイトメニュー

SLOT魔法少女まどか☆マギカ
メニュー

人気スロット機種

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ


SLOT魔法少女まどか☆マギカ

設定差・設定判別

SLOT魔法少女まどか☆マギカの画像

SLOT魔法少女まどか☆マギカ 設定差・設定判別

ART初当たり確率


設定 ART初当たり
1 1/545.4
2 1/525.6
3 1/484.0
4 1/418.5
5 1/369.3
6 1/301.5

高設定になるにつれてART初当たり確率が良くなっていて、設定1と設定6では約1.8倍の設定差がある。

通常時からの直撃ARTの当選率

設定 ART直撃
1 1/6553
2 1/6553
3 1/4681
4 1/2730
5 1/1820
6 1/1092
通常時からのART直撃設定率に設定差がかなりあります。
低設定だと、1日大体1回くらいですが、設定6は5、6回はひけるんじゃないでしょうか?
分母が大きいですが、6倍も設定差があるのでかなりの看破要素になると思います。
設定5でも機械割り110%を超えているので、早い段階から数回直ARTを確認できればチャンスです!

ARTの引き戻し抽選

設定 当選率
1 13%
2
3
4 16%
5
6 19%
引き戻し当選した場合は、
  1. ART終了後に押し順ナビが発生
  2. 通常に転落し、前兆(最大36G)を経て復帰
のどちらかで復帰当選となります。

引き戻しに関してはあまり設定差がありません。
何度も引き戻せば少しは高設定に期待できる程度に思っていたほうがいいと思います。
当選時のセット数もほぼ設定差がなく、1セットが約88%、2セットが約10%、3セットが約1.5%くらいになります。

スイカからのマジカルチャレンジ当選率


設定 当選率
1 20.0%
2 20.8%
3 22.2%
4 23.8%
5 27.0%
6 30.0%

高設定になるにつれてスイカからのマジカルチャレンジ当選率が高くなっている。
設定1と設定6では1.5倍の設定差がある。

プチボーナス中の演出

プチボーナス中のキャラ紹介は設定を示唆するパターンがある。
■通常パターン
まどか→さやか→マミ→杏子→ほむら

■パターンA
ほむら→杏子→マミ→さやか→まどか

■パターンB
まどか→さやか→マミ→杏子

設定 パターンA パターンB
1 7.7% 6.3%
2 11.1%
3 7.7%
4 11.1% 15.2%
5 7.7%
6 11.1%

パターンAは偶数設定が出現しやすく、パターンBは高設定の期待度アップ!
また詳しい数値は不明だがキュゥべえ出現時は設定5or6の可能性が大幅アップする模様。

弱チェリー確率


設定 弱チェリー(1枚)
1 1/109.2
2 1/102.4
3 1/96.3
4 1/91.0
5 1/86.2
6 1/81.9

3000Gでの弱チェリー個数
  • 設定1~設定6:27.4~36.6個

  • 3000G回して設定1と設定6で約9個の設定差が出る。
    短時間のカウントで設定判別するのは難しいが、終日カウントすれば高低くらいは見抜けるような設定差だと思います。 あとゲーム数カウントするにあたり、MBのゲーム数を除いた数字で計算する必要があるのですが、MBはしょっちゅうくるので、カウントするのがめんどくさい、正確なカウントをしたい場合は、ユニメモを使いましょう。
    ユニメモを使用すれば、MBのゲーム数を除いたゲーム数で弱チェリーのゲーム数を算出してくれます。
    難点はおっさんくらいになると、パスワードを打っている時が恥ずかしい所です。

    天国Aモード移行率


    通常A滞在時
    (CZ以外での当選時)
    通常A滞在時
    (CZでの当選時)
    通常B滞在時
    設定 天国Aへ
    1 19.1% 20.3% 33.9%
    2 23.0% 25.3% 37.8%
    3 23.0% 25.3% 35.1%
    4 25.3% 28.9% 41.0%
    5 25.3% 28.9% 41.0%
    6 28.5% 33.3% 43.7%

    高設定になるにつれて天国Aモードへの移行率が高くなっている。
    約1/3以上の確率で天国移行すれば高設定の期待度が高くなる。

    設定看破・設定推測まとめ

    基本はスイカからのマジカルチャンス当選を軸に見ていけばいいと思います。
    これはバジリスク2のチャンスリプレイからの開眼チャレンジの当選率とほぼ同じなので、同じ感覚でカウントして判断していけば言いと思います。
    あとは通常時のART直撃にも分母が大きいのですが、6倍もの設定差が見られるので、注目すべきポイントだとおもいます。設定1でも引ける確率なので、複数回確認できれば、高設定の期待をもてるのかなと思います。
    逆に3000回転回して、直撃無しとかだと、低設定の確率が高まるのやめる判断にも使いましょう。
    通常時からは弱チェリーにも設定差があるので、カウントしておきましょう。こちらはMBのゲーム数を除けてカウントする必要があるので、しっかりカウントするには、ユニメモを使う事をお勧めします。ユニメモの場合ちゃんとMBのゲーム数を除けて、弱チェリーのカウントをしてくれるので、正確な数字が出せるはずです。

    この機種の設定差や設定看破要素について随時募集しております。
    まだこのページに書かれていない項目や、看破要素を御存知の方は情報を下記掲示板に書き込みお願い致します。
    詳細ではなくても、「スイカ出現率に設定差があり」等のアバウトな書き込みでも、こちらで調べ上げて更新していきますので、是非ご協力お願いします!
    また、間違って項目や情報・数字も御座いましたら、ご指摘お願いします。

    名前:        ※HTMLタグは使用不可

  • 関連・最新スロットニュース

    新規追加パチスロ機種

    人気パチスロ記事